トップページ > はじめに

全国コンクリート水槽防食協会

設立:
平成5年10月1日社団法人日本水道協会と日米レジン株式会社によって研究開発された「水道用池状コンクリート構造物の内面防食工法に関する共同研究」による新工法を、施工する業者と、使用する企画塗料メーカーとで構成する協会として設立。
目的:
コンクリート水槽の防食工法としてエポキシライニング工事に関する施工管理、教育、品質基準及び周辺技術の調査、研究を計り、公衆衛生の向上増進に寄与し、業界の繁栄を図ることを目的とする。
組織:
本部を東京に、全国7ブロック(北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州)の支部で構成。

ふれっしゅな水を求めて~安全・強靭・持続へ

技術の進歩、発展は目覚ましく文化の向上をもたらしたが、これが逆に恐ろしい化学物質を生み出し、環境の汚染を起こし、公害という結果を招いてしまいました。

環境の改善と、将来にわたって信頼できる安全でおいしい水道水を供給するために水質基準を大幅に拡充強化することが重要な課題となり、厚生省は平成4年12月21日付で、水質基準省令、関連通知の公布を行い、水道における水質新時代を迎えることになり、「ふれっしゅ水道」10ヶ年計画で、信頼できる安全でおいしい水の供給が求められてきました。

全国コンクリート水槽防食協会は、水道施設関連の業界企業が集い、10ヶ年計画の推進に向かって歩みはじめました。水道施設の中で多く使用されるコンクリート構造物は、浄水過程で使用される薬品類の影響でコンクリート表面の中性化、腐食が発生しています。

この対策として、全国コンクリート水槽防食協会では、JWWA K138による新しい施工法「WICCビーバー工法」を関連業界と協同で開発を進めた結果、本問題の解決を見るところになりました。

WICCビーバー工法は、JWWA規格に規定されたエポキシ樹脂を使用し、水質に安全で高い接着力と耐久性を有する防食工法です。

平成5年の開発以来、安全で高品質な防食技術を『20年以上』に渡り継続的に提供し、コンクリート水槽の維持において多くの実績と、長期に渡る耐久性・経済性・短工期の観点から高い信頼性と総合的な評価を得ています。

また今までに培った防食技術に高機能繊維を複合的に用いることで老朽化した構造物の補修・補強・剥落防止等、今後を見据えた強靭な施設を維持させることが可能になります。

全国コンクリート水槽防食協会とは

全国コンクリート水槽防食協会がどのような活動を行っているかのご紹介です。続きを見る→

WICCビーバー工法とは?

WICCビーバー工法について4つの項目に分割し、詳しくご紹介いたします。続きを見る→

会員様のご紹介

全国コンクリート水槽防食協会を、いつも支えてくださる会員様のご紹介です。続きを見る→