トップページ > WICCビーバー工法 > 使用材料

使用材料

プライマー

プライマー(アルプロンW-305)は、下地が乾燥していても、また湿潤していても十分な接着力を有する低粘度、速乾性のニ液性エポキシ樹脂プライマーです。

・コンクリート面に湿気があっても完全に接着します。
・低粘度で作業性に優れ、刷毛、ローラー刷毛、スプレーの使用が可能です。
・速乾性です。
・重ね塗りが良好です。
・耐水性、耐久性に優れています。
・JWWA K 135規格の溶出試験に合格しています。

パテ処理

パテ材(アルプロンL-7070)は、下地コンクリートの凹凸、段差、ひび割れ、欠損部に充鎮して平滑な面を作り、上塗り材の塗装を容易に行えるエポキシ樹脂下地調整材です。

・ダレ止めが効いており、厚塗りが可能で、下地凹凸面の調整が容易です。
・重ね塗りが良好です。
・ヘラ、コテで作業ができ、施工性に優れています。
・凹凸面で発生するピンホールの防止効果があります。

上塗り

上塗り材には、アルプロンEXP‐C1とアルプロンEXP‐C2の2種類があります。
アルプロンEXP‐C1は、JWWAK K 138(水道送・配水管更正用無溶剤型ニ液エポキシ樹脂塗料)の 規格塗料で、アルプロンEXP‐C2は、JWWA K 143(水道用コンクリート水槽内面エポキシ樹脂塗料方法)の規格塗料です。

・硬化乾燥が速く、養生時間が短い。
・1回の塗装で厚い塗膜が得られます。
・耐水性、接着性に優れています。
・無溶剤型で水質的に安全です。

塗料・塗装工法

WICCビーバーⅠ厚膜(800um)タイプ仕様(密閉水槽で特に早期通水を要する場合)

WICCビーバーⅡ厚膜(500μm)タイプ仕様(オープン水槽・密閉水槽等で早期通水を要する場合)

全国コンクリート水槽防食協会とは

全国コンクリート水槽防食協会がどのような活動を行っているかのご紹介です。続きを見る→

WICCビーバー工法とは?

WICCビーバー工法について4つの項目に分割し、詳しくご紹介いたします。続きを見る→

会員様のご紹介

全国コンクリート水槽防食協会を、いつも支えてくださる会員様のご紹介です。続きを見る→