トップページ > WICCビーバー工法

WICCビーバー工法について

水道用池状コンクリート構造物の内面防食工法水道施設のコンクリート構造物は、流水による侵食、水質による腐食を受け、その耐久性が低下します。
特に浄水場では、水道薬品注入(凝集材、消毒剤など)、原水水質状況(軟水、炭酸塩類)などで、コンクリートの中性化、腐食の影響が考えられ、鉄筋のかぶりの増加や防食塗装が行われます。

WICCビーバー工法は、日米レジン㈱の水中接着技術と日本水道協会(JWWA)規格とを組み合わせ、エポキシ樹脂による飲料水を処理する池状コンクリート構造物の表面の防食を目的とし、飲料水として安全な塗料であり、コンクリートが湿潤していても塗装が可能で、厚膜と速硬性に優れ、高接着力と耐久性に優れています。
可愛い水棲動物であるビーバーをキャラクターとした、WICCビーバー工法とは、”Wet Intimate Type Concrete Surface Coating Method”の略称で、「親水性コンクリート表面塗装工法」のことです。

全国コンクリート水槽防食協会とは

全国コンクリート水槽防食協会がどのような活動を行っているかのご紹介です。続きを見る→

WICCビーバー工法とは?

WICCビーバー工法について4つの項目に分割し、詳しくご紹介いたします。続きを見る→

会員様のご紹介

全国コンクリート水槽防食協会を、いつも支えてくださる会員様のご紹介です。続きを見る→